ゆきちゃんメラノーマ経過観察記録5

手術前日、1月24日の21時以降からゆきちゃんにご飯をあげてはいけないとのことでした。また手術当日の25日は水もあげてはいけなく、飼い主が朝起きてもご飯が出てこないことに、ゆきちゃんに鳴いて抗議をされました。

ごまくんだけにご飯をあげるわけにもいかず、一緒に我慢してもらいました。

スポンサーリンク

1月6日以降、かかりつけの病院と目の検査のために別の病院へ、すでに5回ほど行っていました。ゆきちゃんの負担も大きいようで、キャリーを用意するときはもちろん、飼い主が外に出かけるために上着をはおるだけでも隠れてしまうようになりました。

そういえばショックなことがありました。他にどのぐらい同じような対応をしている動物病院があるのかわからないのですが、セカンドオピニオンを伺うために訪れた眼科のある病院で、ゆきちゃんはすぐに拘束袋に入れられ自由がきかない状態での診察でした。ゆきちゃんはおとなしい猫で、当日も暴れたわけでもなく普段通りでしたが、あとで口コミを検索してみると、その病院では、どのようなねこであっても、常にまず拘束袋に入れているようです。今までいった複数の動物病院で同様の対処がされたことはなく、そのような状態のゆきちゃんを見るのは、自分にとってもショッキングでした。かかりつけの獣医さんからの紹介したいただいたため伺った動物病院でしたが、今後行くのはやめようと思いました。

そして、25日ですが、動物病院に手術のため出かける準備をすると、ゆきちゃんはやっぱり隠れてしまいました。でも、ちょっとだけこちらの様子を見に来た時に抱きかかえて、キャリーに入れることができました。

動物病院にタクシーで行き、9時について、30分ほど今後の流れを伺いました。手術はその日の遅くても13時ぐらいまでには終わることや、様子をみて問題がなければ、翌日に連れて帰って良いことなど説明を受けました。のちほど電話をいただけることとなり、帰途につきました。

帰りはちょっとした放心状態でありました。同時に、手術が終わればゆきちゃんが実際にメラノーマであるかどうかもわかるし、もしそうであっても今後の対応方針についても決めることができるので、ひとつ先に進めたような心持から、多少の不思議な安堵感もありました。

その日は快晴であり、1時間ほどかかるのですが、帰りは歩くことにしました。もうすぐにでも手術は始まっているかもしれず、ゆきちゃんのことが気がかりではありましたが、久しぶりに外の空気を吸ったような気がして、良い気分転換の時間でもありました。しかし、ひとつすっかり忘れていたことがありました。ぼんやりだったり考え事などをしながら歩いているうちに、ごまくんも朝ごはんあげていなかったということを思い出しました。

うちに帰ると待ち構えてましたw

手術が終わっているはずの13時を過ぎても電話がなくちょっと不安でしたが、15時前に動物病院から連絡をいただき、手術は無事成功したことを伺いました。もう麻酔からも完全に醒めているとのことで、普段とは違う環境にいるためか、居心地がわるそうではあるけど落ちいているとのことでした。そのため、予定通り、翌日にゆきちゃんを連れて帰ってこれることになりました。

 

 

 

凍傷で4本の手足を失った猫、義足で歩けるように in モスクワ

Via:www.livescience.com

冬のモスクワで凍傷にて失ってしまった4本の脚を、3Dプリントの技術で取り戻し、歩き、走り、そして階段を再び登れるようになったそうです。

スポンサーリンク

 

2018年の12月、メスのDymka (なんて読むんでしょうね、ロシア語で霧という意味だそうです)は通りすがりのドライバーに雪の日に見つけられ、病院に運んでもらったそうです。しかしながら、脚と耳としっぽの凍傷がひどく、四脚は獣医さんによって切断することに。。。

シベリアの厳しい冬の間、その病院の獣医さんたちはだいたい最低でも5匹から7匹の、脚や耳や鼻が凍傷になった猫たちを治療するとのこと。凍傷は低温によって特に、四脚の肌や細胞を凍らせ、最悪の場合は切断を要するそうです。

そして件のDymkaさん、獣医さんたちが大学の研究者の方々と協力、義足を作ってもらえました。義足はチタニウムでできていて、感染や骨への埋め込みの拒絶反応を最小限にするため、リン酸カルシウム(人工骨の主成分として用いられるようです)でコーティングされているとのこと。

Youtube の動画があり、義足がない状態だとうまく体制をとるのも難しそうですが、義足だと見た目は痛くないかなとか、結合部の負担はどうなんだろうとちょっと心配ですが、普通の猫と同じように伸びをしたりきちんと歩いてます。下の動画でその様子がみられます。

なお、Dymkaさんは4つの義足をつけた世界で2匹目の猫だとのこと。1例目は2016年にオス猫のRyzhikくん(ロシア語で赤色だそうです)。

元記事はこちら

(富士登山の記録を未完のまま何事もなかったように更新してみました。。。)