ギャンブルやめられなくて先が見えなかったころ

人に話すにつらく、振り返ると恥ずかしく、このようにブログにしか書けないことでした。

 

寝ても覚めてもパチンコ、スロットでした。

 

働いてはいたものの、ギャンブルでお金がなくなると友人や親、兄弟に平気で嘘をついて無心しました。友達はいなくなり、小さい頃から可愛がっていた二人の年下の妹にまで金を貸してくれるよう頼み、断られる有様でした。二人ともどうすべきか一生懸命悩んでくれました。親には結局高校卒業から30代中頃まで無心を続けたと思います。

 

ギャンブルさえやめることができれば人に嘘をつかなくても良くなるのに。言い訳しなくても良くなるのに。もっとまともな人間として見てもらえるのに。ああ、書いててつらい…。

 

当時は心配した兄にギャンブル依存症をやめる会合などに連れて行かれたり(感謝してます)、給料は親に預けて必要な分だけ仕送りしてもらったりと手段は講じてみたもののどれも長続きせず。

 

まさかお腹すかせたnekoさんに助けられるとは思いもしませんでした。

 

ギャンブルやめられた後、母親からどうして立ち直れたのか聞かれた時に「実は」と切り出して、「nekoに助けられて感謝してて、そんで今nekoと暮らしてる。」と返答しましたが自分でも意外に感じたように母も納得はしてなさそうでした。理解はしてくれたけど、母の友人に僕と同じようにギャンブルやめられない息子がいて、その方から相談を受けているようで、アドバイスとしては弱いな〜と感じているようでしたw

 

そういえば、のちのちギャンブルをやめられるきっかけが子供ができたとかペットを飼ったとかそういった理由が多いことを知りました。
数年経って、ようやくギャンブルにハマってたことを人に話せるようになった時、やめたきっかけがnekoって結構ドラマチックだと思ってたけど友人にいきさつ話したら「ああ、そういうこと結構多いらしいよ」と当たり前のように言われ世の中を知らない自分を恥じました。

 

今は2匹のnekoと暮らすようになりました。

 

 

ゆきちゃん
ごまくん

 

ダメ人間を救ってくれたneko

10代の頃からギャンブルにはまり、辞めたくとも自制がきかず、借金を重ねてはパチンコ・スロット通いの日々でした。勝てばまず安堵はしたものの、負けてしまっていたかもしれない金額を思い返しては背筋を凍らせ、勝った分の浮いたお金も負けるよりはましだと自分に言い聞かせて無駄な出費ばかりしていました。

 

負けている時は、「生活費は残さねば」と考えていても、負けがこんでくると「まだどうにかなる」という思考に変わり、それが「どうにかしよう」に変わり、とうとうその日の晩ご飯代ぐらいしか残らないことも多々ありました。

 

そうするとお金の工面ですが、質屋で預かってもらえる物は毎回恥ずかしい思いをしながらもなけなしのお金として交換してもらい、質屋で預かってもらえないようなCDやDVDですらほんの何百円のために売り払ったものでした。

 

その度にお金のありがたさや大事さを痛感し、二度とギャンブルはするものかと時には涙を流して自分に誓い、心の中で迷惑をかけ続けている両親のためにも辞めようとした固い決意も、次の給料日には完全に意味が無くなります。辞めたいと思う気持ちやお金の大切さを痛感した気持ちは真実ではあったものの、お金を手にすると何者にも逆らえず、パチンコ屋さんに足が向かうのは、もう完全に病気でギャンブル依存症そのものでした。意見は様々でしょうが、これを克服するには他に意識を向けてくれるようなきっかけがないと、一人では難しくおそらくは克服不可能と思います。

 

症状は悪化し、家賃を滞納することは常態化し、ついには住むところにさえ困り、とある巣鴨のゲストハウスで暮らすことになりました。それでも変われず四方八方のパチンコ屋さんにお金をつぎ込んでは生活費にさえ困り、落ち込んでは酒を飲むという悪循環を繰り返していました。

 

そのゲストハウスの近くに、近所の方が飼っているねこがいました。

 

今まで出会ったねこの中で間違いなく一番人懐こいねこでした。一度撫でてあげると足音を覚えてくれたのか、その家の近くを通ると、どこからともなく小走りでやってきては姿を見せてくれるようになりました。自分を探して走ってきてくれるなんて素直に嬉しく、そのねこをとても愛らしく感じはじめました。

 

しかし飼い猫だったため、いつも撫でるだけで餌をあげることはなかったのですが、ちょうどお盆の時期、飼い主さんご家族が留守だったのか、普段ねこが守っていると思われた境界線を超えて、自分についてきてしまいました。

 

3メートルも無いような小さな路地裏で、いつもはそこまで来ると渡ることなく向こう側で立ち止まっては座り直し、両足揃えて背伸びして見送りしてくれるねこでした。

 

ところがその日は自分を追いかけてついてきてしまいました。そしてゲストハウスの玄関までついてきて、戸惑いながら自分が開けたドアの隙間から中に入ってしまいました。もしかすると飼い主さん何日も帰ってきてなくてお腹空いてるのかも知れない・・・。そんな思いから使命感が生まれてしまいました。

 

ねこを一旦ゲストハウスから出して、僕は急いでコンビニまでおにぎりを買いに行きました。ネコが好きそうなお魚系をと思ったのですが、イクラしかなくって、でもまあでもねこってなんでも食べますよねと考えて、とりあえず買いました。そしてまた急いで戻ってとうとうご飯をあげてしまいました。

 

しかし、ねこはイクラには全く興味を示しませんでしたw

 

イクラ嫌いなのかなと思うのと同時に、普通にキャットフードを買ってこなかったことや、なぜおにぎり買ったんだろうと思うと急におかしくなりました。で、コンビニに戻ってキャットフード買って戻り、ねこさんにあげたら数日ぶりにありついたご飯のようにがっついて食べてくれました。

 

その日以来、ねこは自分の帰りを必ず待ってくれるようになりました。

 

そうすると自分の飼い猫ではないにも関わらず、仕事中もご飯食べれてるかなあとか、帰宅中にも今日もお腹空かしてるかなあなどと考えて心配でたまらなくなりました。

 

ずっとやめることの出来なかったギャンブルが、親に申し訳ないと思いつつ借金してまで通ったギャンブルが、たくさん恥ずかしい思いをしながらどうにかお金を工面してでも通ったギャンブルが、この出来事以降それどころではなくなりました。

 

僕を救ってくれたneko